2019.04.24 施工事例

鶴ケ谷の家 仙台市・Y様邸

公園を思わせる広い庭と共存する「離れ」の家。

母屋と複数の納屋がある広い敷地で、震災により大きな被害を受けた離れの建て替え計画です。全体では7m以上ある高低差を活かした外構(造園)計画の中でキーポイントともなる「離れ」においては、建物と庭の関係はより密接なものになります。
そこで、それぞれの部屋からの「眺め」や空間の「通り抜け」感を特に考慮した開口部計画としています。また、内部空間は平屋の構造を活かして、それぞれの部屋の使い方により天井高さに変化をつけたものとしています。内部空間はパインの無垢のフローリングをはじめ、自然素材を極力使用。景色を楽しむ開口部と共に、空間の優しさを際立たせています。


畳スペースは裏庭の眺めを楽しめる開口計画。

豊富な本棚スペースがあるダイニング。

小屋吹抜けで変化のあるリビング。

玄関周りの仕上げはジョリパットとレッドシダー。

パントリー越しに石庭の見えるキッチン。

玄関にアクセントを加えるハンドメイド ステンドグラス。
Design direction:Y.Mizohata(八光建設)
Design work:Y.Mizohata(八光建設)
新築
竣工:2016年
木造軸組工法 平屋建て
敷地面積:1,176.80平方メートル(355.98坪)
建築面積: 103.92平方メートル(31.43坪)
延床面積: 89.02平方メートル(26.92坪)
instagram

ACCESS

無料資料請求

ご氏名 必須

送り先住所 必須

メールアドレス 必須

備考欄